16分割パーソナルカラー診断を京都で行っています。

このページでは、パーソナルカラー診断に関するお話をさせていただきますね。

 

 パーソナルカラーの効果 

・しみ、しわ、たるみが目立たなくなる。

・肌の色艶がよく見える

・垢抜けて、生き生きと美しく見える

・髪の艶が増し、整って見える

・輪郭がスッキリ見えて小顔効果がある

 

 

 

 パーソナルカラーとは 

色をまずブルーベースとイエローベースに分け、更にブルーベースはサマーとウインターに、イエローベースはスプリングとオータムに分けます。
これでサマー・ウインター・スプリング・オータムの4つに分けたことになります。

 パーソナルカラーを細分化して診断します 

しかし、同じタイプなら誰でも同じ色が似合うという訳ではありません。

同じタイプの中の色でも、淡い色・濃い色・くすんだ色・鮮やかな色など細分化されます。

例えばサマーさんを例にあげますと…

サマーの色は、俗にパステルカラーと言われますがその限りではありません。

パステルカラーって淡くて優しく上品な色という印象がありますよね。

しかしサマーにも濃いめの色もあります。

 

 

3つめの色なんで、かなりウインターのロイヤルブルーに近いです。

その他、落ち着いたくすみのある色もあります。

同じサマーさんでも、

・淡い色が似合う方

・濃いめの色が似合う方

・淡い色も濃いめの色も似合う方

・くすんだ色が似合う方

など色々です。

他にも、べつのカラータイプがミックスされている方なら

そちらの一部の色も似合うことが多々あります。

例えば、

・サマー&ウインターの一部の色

・サマー&スプリングの一部の色

・サマー&オータムの一部の色

というタイプの方々もいらっしゃいます。

単に、サマー・ウインター・スプリング・オータムの4分類だけでなく

120色のカラードレープを使って、

16分割に細分化して診断をしております。

本当にあなたに似合う色を求めていきましょう。

 自分に似合わない色を知るのも大事です 

では似合うい色だけ知っていればよいのでしょうか?

それは否です。

やはり似合いにく色をしっておくのも大事なこと。

どんなに高額なお洋服を買っても、似合わない色だとあなたが映えません。

これはもったいない話ことだと思います。

しかし、似合わないとわかっていてもその色が大好きだという場合は

診断時に「どうやったらあなたに似合うようになるか」をアドバイスいたします。

その際は診断時にお声をかけてくださいね。

 似合うベーシックカラーも知っておきましょう 

基本的にしっておくべき色、それは「似合うベーシックカラー」です。

こちらも診断させていただきます。

ベーシックカラーとは、

黒 グレー 白 紺 ベージュ 茶などのこと。

似合う色の一番簡単なコーディネートは、似合うベーシックカラーと合わせることです。

もちろんカラーコーディネートになれてこられたら、

似合う色×似合う色

の組み合わせも楽しいものですが、まずは

似合う色×ベーシックカラー

をできるようにしておきましょう。

パーソナルカラーを楽しむための第一歩です。

 

 パーソナルカラーを知ってからの注意点 

実際にお店でお洋服を購入するときですが、

最近の売り場の照明は、オレンジ色っぽいものが多いです。

それはお店の雰囲気に暖かみが加わり居心地がよいものですが、困ったことに実際の色がわかりにくいのです。

これではどんなに自分のパーソナルカラーを知っていても選べなければ意味がないですよね。

こんなとき、私はお店の方に断りをいれて通路等のオレンジ色ではない蛍光灯の下で見せていただきます。こうしておくと、自宅に帰ってから

・お店では似合って見えたけど、自宅で見たら全然色が似合っていない

・なんだか老けて見える。

なんていう状況をさけられます。

それともう一つ、

几帳面な方は、診断時と全く同じ色を探されますが

全く同じ色ってなかなか売っていないんです。

だからザックリと似たような色を選んでおいて

あとは鏡でチェックするのが大事。

(この時も照明の色は気を付けてくださいね。)

 コースのご案内​  

 お客様のご感想  

​ ご予約について  

パーソナルカラー診断 京都

​花緒梨

ホームページ

(35歳以上の似合う色とファッション)

https://www.baroque-woman.com/

ホームページ

(35歳以上の婚活ファッション)

https://konkatsu-bijin.net/

 

アクセス抜群
地下鉄烏丸線「烏丸御池」 徒歩5分
※完全予約制 

 

京都市中京区釜座町22

ストークビル三条烏丸    

 

 

 

Copyright (C)The baroque-woman All Rights Reserved.